読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Marmot Underground & Eco

日常のさまざまな事柄について綴ります。

【千駄ケ谷カフェ戦争】バロワーテラス千駄ヶ谷店“食べログ”に奇妙な口コミ

tabelog.com

さて、オープンから2週間目に突入したバロワーテラス千駄ヶ谷店、ぼつぼつ食べログの口コミが書かれはじめています。

以前紹介の通りレセプション・パーティに招かれた「身内」以外の口コミはかなり厳しいものです。

ところが今回好意的な口コミが寄せられましたが、これがまた実に奇妙な内容です。

野菜が美味しく気に入っていたバロワーテラスの2号店ができたということで、足を伸ばしてみました。

 まず六本木店の一応リピーターである事を醸しだしているこの方。過去の口コミはなく、翌日に四國 荻窪ルミネ店 

の口コミを立て続けに寄せておりいかにも「取ってつけた感」が漂います。

今後も口コミがいかに増えるかをしっかり追うことにします。

さて、バロワーテラス六本木店のリピーターである事に触れていながらこう書いています

料理もかなり食べ、ワインもたくさん飲み、デザートまで頼んで、一人1万円くらいするんじゃないかと思ってましたが、5千円程度で驚きました。

 六本木店が「気に入っていた」とまで書く方がお勘定の「相場感」がなかったのでしょうか?

また、感想にこうあります

野菜は予想どおり美味しかったわけですが、素材だけでなく料理のバリエーションが多く、食べたことのないような料理ばかり。本格フレンチのような野菜のテ リーヌ、エスニックな味の料理や台湾やきそばなど、いろいろな味を楽しめ、どれも食べやすくしっかりとした料理で一つ一つにこだわりを感じました。また、 野菜だけでなく牛と子羊のステーキもとても美味しく、海外で食べるような本格的な味でした。 

 具体的な味だの食感だのの記述が一切ありません(笑)ハッキリ言って店に行ってない人間でも書ける口コミーーと思えてしまう私の心は歪んでいるのでしょうか。

そして酷評だった接客に関してもこうあります

オープンしたばかりなのに、店員さんも慣れた様子で、料理の説明をしてくれたり、替えの取り皿をお願いしていないのに持ってきてくれたり、気がきく印象でした。 

 これまた行ってもいないのに一生懸命創作した感が漂っています。

これって、アルバイトスタッフの学生に無理やり書かせてたらこんなふうになりそうですよね。

いや、そんなお客様もきっといらっしゃるに違いない。

うむ。人を疑ってはいけないのだ。

 

vege dining 野菜のごはんベストレシピ197 (扶桑社ムック)

vege dining 野菜のごはんベストレシピ197 (扶桑社ムック)