読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Marmot Underground & Eco

日常のさまざまな事柄について綴ります。

【ニッポンジンの不思議】高額端末iPhoneを「格安SIM」で運用するのは「iPhoneカルト」?

ついに9月25日にiPhoneのニューモデルiPhone6s/Plusが発売になります。

近所にある外国人専用ゲストハウス「さくらハウス」に滞在中の外国人とせんだがやタウンマーケットで立ち話になり、彼ら(男1+女2)と色々な話をしたのですが(私は英語可です)そこで、旅先での携帯電話利用の話から、近日発売になるiPhoneの話になりました。

とくに男性(アイルランド出身サンフランシスコ在住)は昨年の「AppleStore銀座店ホームレス行列事件」を知っていました。

f:id:themarmotunderground:20150913094449j:plain

CEDECなどにも顔を出すと言う彼に、業界人でもある自分の立場を明かしながら、彼らに日本の携帯電話事情をあれこれと説明し、iPhoneの一般的な人気ぶりと(ネット上では)不思議なぐらいに「SIMフリーiPhone」が崇拝されている事に触れると、強い興味を示しました。

そこで私は以下を挙げました。

 

・SIMフリー端末がまるで“自由の象徴”かのように捉えていると感じる。

 

・SIMフリー端末と言っても日本人はiPhoneにしか興味はない。それを思い違いした企業や業者が安価なAndroidのSIMフリー端末を販売するようになったが、それらはどれも目立ったセールスに繋がっていない。

 

・あくまでネット上に限った話題だが、昨年のiPhone6/Plus発売時にも「SIMフリー(海外では“SIM unlocked”と表現する)至上主義論調」が顕著であった。

 

・かといってキャリアを乗り換える者がそういるわけでもないし、立て前は「海外に行くときに便利」などとも嘯くが、そんな彼らのSNSアカウントを追っても年間に海外出張や旅行をしている形跡がない。

 

・実態としてはiPhoneのSIMフリーモデルを購入した上で「格安SIM(MVNO)」を挿して低速で使用している。

f:id:themarmotunderground:20150913094726j:plain

ネット上ではなぜか日本のキャリアは「悪者扱い」になっており、格安SIMがそんな彼らの「自由の砦」であるような幻想があるーーとも説明しました。

ちなみに日本の料金体系に彼らはデータ容量の上限が「多い」と反応していました。

私が挙げた項目で一番反応を示したのは下記。

・実態としてはiPhoneのSIMフリーモデルを購入した上で「格安SIM(MVNO)」を挿して使用している。

彼は「お金がないなら安い端末と安いプランで使えばいいんじゃない?貧しい国ではみんなそうだよ」「最新のiPhoneでなぜ速度も出ないプランで使うのか?」とあまりに素朴すぎる問いに私は、適切な言葉が見当たらず。

・ただの見栄かもしれない

iPhoneApple)がとても好きで端末だけは所有したいのではないか

と返答したものの彼の表情は怪訝そうで、自分でも実は「確かに変な使い方だなあ」とは思っていた。

そこへ、彼は「それってiPhoneに振り回されているだけじゃないの?」「ジョブスは天国で喜んでいるかもしれないが、賢明とは思えない」と手厳しい。

(私の“人物”を見た上とは思うが、外国人はどの国の人間でも一般的に議論に対し好戦的だ)

私は「僕もおかしいとは思っているけど、ただしネット上の“一握りのユーザー層”の話だけどね」と正直に答えるしかなかった。

そして、笑いを取ろうと「きっと彼らは“iPhoneカルト”なのかもね」と言ったが、その反応は、「笑い」ではなく「深刻な頷き」だった。これは気まずかった。

彼らとはFacebookで繋がって別れたが、私の頭の中では「やっぱおかしいんだよなあ」と反芻していた。

ところでそんなiPhoneカルト諸君」は元気かな?(笑)